ビーアップを試してみたい!でも副作用があるって本当?

ビーアップを飲んで副作用が出た!?

バストアップ効果があると評判のサプリメント、ビーアップ。多くの人がビーアップを飲んでバストアップに成功していますが、一部では副作用が出たという口コミもあり、口コミを見た人は購入に不安を持つ方もいるようです。具体的な副作用としては、頭痛や腹痛、不正出血、生理不順などが挙げられます。これらの副作用が発生してしまった理由とは一体何なのでしょう?

副作用の原因

副作用といわれる症状の原因として考えられるのは、ビーアップのメインの成分である「Wプエラリア」によるものだと思われます。プエラリアは女性ホルモンの分泌を活発にし、それによってバストアップ効果が期待できるのですが、ホルモンが体に与える影響は非常に大きく、人によって前述した副作用を感じてしまう人がいるようです。この副作用の原因は、必ずしも悪い理由というわけではありません。例えば頭痛や不正出血などが起きてしまった人は、これまで女性ホルモンのバランスが非常に不安定で、プエラリアの含まれているビーアップを飲んだことで、急に女性ホルモンの働きが活発になり、一時的にそれらの症状が起きてしまっている可能性があります。いわゆる好転反応と呼ばれるものをイメージするとよいでしょう。一時的に頭痛や不正出血があったとしても、その後は症状が治まり、これまで通り順調に月経が来るようになった、という人もいます。そのほか、不正出血や生理不順といった症状が起きてしまった人の中には、一日も早くバストアップしたいと、推奨されている容量よりも多くビーアップを飲んでいた、という人が多いようです。ビーアップは薬ではありませんので、厳密な容量が定められているわけではありません。そのため推奨されている2錠以上飲んでも命の危険などはないと思われますが、やはり女性ホルモンの分泌を左右するため、急に大量のプエラリアを服用したことで、女性ホルモンのバランスが乱れてしまったのではないでしょうか。

推奨されている容量を守れば副作用の心配はない

ビーアップには多くの口コミが寄せられていますが、きちんと容量を守り、規則正しく飲んでいる人で副作用が出てしまったという人はごく一部です。副作用が心配だという人は、最初は少量(1錠など)から試してみて、問題なければ少しずつ飲む量を増やしていくとよいと思います。それでも、大量に飲むと副作用が出てしまうことも考えられますので、推奨されている「1日2錠」は守って飲むようにしてくださいね。

 

 

関連ページ バストアップサプリは痩せ型でも効果があるの?